ノベルティの存在とは

企業にとって同業他社はライバルであり、負けられない存在です。

ただ、会社規模の大小や知名度、露出度合いによって取扱商品に大きな違いがなくても、売上に大差をつけられてしまうことがあります。小さな会社だと、どれだけ自社の商品に自信を持っていても消費者に見向きもされないことがあるからです。大企業と中小企業の大きな違いは、認知度が挙げられます。その認知度がどのように消費者に影響を与えるかと言うと、一言で表すと「安心感」です。

同じ商品が並んでいた場合、ほぼ間違いなく全員が認知度の高い大企業の商品を選ぶでしょう。理由は、みんな知っているからです。みんな知っているという理由だけで「安心感」が得られるのです。ただ、大企業イコール良い商品とは限らないのも事実です。中小企業でも企業努力や斬新なアイデアでクオリティの高い商品はたくさんあります。そんな中小企業・零細企業にとって力強い味方になるのがノベルティの存在です。自社の存在や取扱商品の幅広い認知のために消費者に配る粗品のことです。

一言でノベルティといっても、その種類は多岐にわたり、ボールペンなどのステーショナリーや日常生活で使用できるマグカップ、ハンドタオルなど年配の方からお子様、主婦や学生、サラリーマンなど幅広い年齢・職業層に受け入れられるように工夫を凝らしてあります。とにかく、自社の商品に自信のある中小企業は、どのように世間に知ってもらうかが最重要課題となるのです。地道な作業になりますが、ノベルティを配って身近なお客様から商品を認知してもらい口コミなどを利用してその輪を広げていくのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *