ノベルティを作る際には見積もりが大切

店舗でノベルティを配る効果は、顧客への感謝だけではありません。

例えば、天命やロゴを印刷したものをノベルティとして渡しておくと宣伝効果も期待できます。さらに便利なものなら、顧客からのイメージアップにも繋がるでしょう。選び方次第によっては、いろいろな効果が期待できるので作成の際にはいくつかポイントを押さえるようにします。まず、最初に考えなくてはいけないのがノベルティを作成するための予算です。というのも、販売するわけではないので収入というものがありません。

つまり、無料で配っても大丈夫な範囲の予算にしておくことが大切です。予算が決まったら、いくつか候補をあげて見積もりを作成していきます。予算内で収まるものから、店舗のイメージにあった品物を選ぶようにしてください。見積もりを作る時は、実際に用意するノベルティの数も考える必要があります。個数はしっかり配りきれるものにしておいた方が、あまることもなく安心です。

見積もりを作る時、どうしても個数が多い方が単価が安くなることを気にしてしまう人もいます。確かに個数が多ければ単価も安くなりますが、全体の費用は大きくなっていくので注意が必要です。単価が安くても、残りが出ないように工夫することが大切です。逆に少なすぎると、顧客の手に渡らない可能性も出てくるので注意が必要です。あとは、既存の品物にロゴなどを印刷していくだけなので難しくありません。製品によって価格は異なるので、予算と相談して決めることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *