ありきたりのノベルティが特別なモノに変わる時

自社の販売促進のためにイベントや街頭、店舗等で配られるのがノベルティですが、品物を選ぶのは決して容易なことではありません。

一応、ターゲットの年齢層や性別等はあるかもしれませんが、出来れば万人受けするような物を見つけたいものです。もちろん、予算が決まっているのであまり高価なものは論外となります。そして、次の難題として受け取る人のことを考えると、あまり重い物や嵩張るものは嫌われることが容易に想像出来ます。このように考えると、最後に残るのはいつも決まった物、誰もが思いつくような物となってしまいがちです。ボールペンやタオル等が典型的な例なのではないでしょうか。

しかし、この一見ありきたりのノベルティに思われるボールペンやタオルでも、もらった時にあっと驚くような機能が付いていたら話は変わってきます。例えばただの会社のロゴ入りのペンが、実は光るペンだったとしたら、直ちに「ありきたりの」という枕詞が排除される訳です。ボールペンをもらった人は、最初はありきたりだと思うかもしれません。

しかし、夜中に必要に応じて見に懐中電灯代わりになると知ったら、たちまちそれは特別なボールペンに変身してしまいます。そしてもらった時の軽い失望感が、大きなお得感に変わるに違いありません。このようなギャップが潜んでいるノベルティは、受け取った人に喜ばれるだけでなく印象に残ります。同じ消耗品のタオルもちょっと引っ掛けることが出来るプラスアルファがあったら、重宝してもらえるでしょう。ノベルティを考える際に、どうしたら受け取る相手を軽く驚かすことが出来るかを考えてみることをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *