オリジナル品を作成してノベルティで活用する方法

ノベルティグッズは会社やお店によって用途は異なり、販売促進用で用いる場合は、イベントや路上などで配布したり、ポスティングを利用して配布することも行われています。

来店サービスとして配る使い方もあり、お客さんがお帰りの際に手渡すことで次に繋げるという用途も古くから活用されています。街頭で無作為にティッシュペーパーを配る会社は、以前は全国的に数多くの会社が採用してきましたが、この手法は現在では停滞気味で、配る方はある一定の条件に当てはまる方に限定をして配る方法が主流です。用途や目的は自由に決めることができ、抱き合わせ販売や付録ではないことから景品法に抵触してしまうこともありません。ノベルティの使い方は他にもあり、オリジナル品を予め大量発注しておき、会社や店舗を利用してくれた顧客に対して、毎回にわたって配布する方法も行われています。代表的な事例では、会社やショップの名称とロゴをデザインしたものをステッカーにして、購入者に対して無償で配るという使い方を行う会社は実在しています。

1度切りではなく注文する度に商品に付けて配布することで、宣伝効果を抜群に高めることができる可能性は十分にあります。オリジナルステッカーはデザイン力と品質が重要なキーワードです。用途に合わせて資材選びをすることは前提ですが、品質の良いシールを利用したステッカーであれば、捨てられずに愛用してもらえるかもしれません。例えば自動車パーツや自動車関連アイテムを通販で販売をしている会社の中には、自社のオリジナルステッカーを注文の度に商品と一緒に送ることを徹底している会社があり、特別感を感じられるノベルティグッズに仕上げることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *