ノベルティ配布のタイミング

多くの会社は、展示会用の販促品としてノベルティを制作します。

展示会を開催する目的は新商品の宣伝だったり、営業活動の一環だったりします。その際のノベルティの果たす役割は、商品名を消費者に覚えてもらうことです。こうした手法はブランディングと称され、新規顧客の開拓にとって大事なことです。展示会では様々な企業がブースを構えており、趣向を凝らした宣伝を行います。そのなかでは、特にノベルティの配布が有効な宣伝手段となるわけです。来場者側としても、どのような企業が出店しているのか興味をそそられます。そして自分に興味があるノベルティに出会えれば、配布する企業に対する関心も高まるわけです。ノベルティを来場者に配布することで、来場者との接点が生まれます。

そこからコミュニケーションに発展して、自社のブースに誘導することにつながります。販促品の定番にはトートバッグなどがあり、もらったパンフレットなどを入れることができます。バッグのデザインとして社名や商品名を掲載すれば、他の来場者へのアピールにもなります。お洒落なバッグは会場内でも目立つので、宣伝効果は抜群だと言えます。販促品を配布するタイミングは、会場がオープンした時がベストと言われています。その時は人の動きに勢いがあり、来場者はすすんで受け取ってくれるからです。一人が販促品を受け取ることで、後続の来場者はつられて受け取るようになるわけです。そして、途中にインターバルを挟んで配布するのがポイントです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *