イベントで配るノベルティを作ってみましょう

文化祭や体育祭、店の開店記念などイベントの際にはよくノベルティが作られます。

イベントの思い出として作る場合もあれば、お世話になっている顧客に感謝の意味で渡す用など目的は様々です。顧客に配るなら、感謝だけでなく宣伝効果を狙うこともできます。数年後にイベントのことを思い出すというと、写真や動画を見てと言う人も少なくありません。しかし、写真だけでなくイベントの際に作成したり使ったノベルティで当時を思い出すと言うこともあります。旅行の際に購入するお土産のように、ノベルティも思い出の一つとなります。思い出としてはもちろん、イベントの際にもオリジナルTシャツなどを用意しておけば仲間同士の団結力もまとまるのでお勧めです。

ショップや企業で顧客に配る場合は、普段の感謝と言う意味が大きくなります。ここで宣伝効果を狙いたいのなら、デザインなどを工夫してみることをお勧めします。例えば、マグネットシートなどでショップの連絡先やサービス情報を印刷しておくと言うのも一つの手です。ボールペンなどに、店の名前を印刷しておくのもお勧めです。ポイントとしては、なるべく普段の生活で使うものにしておきます。冷蔵庫に手紙やチラシをつけるために、マグネットを使う人や机の上にメモ用にボールペンを置いておくという人は少なくありません。つまり、そこに店舗名などを印刷しておけば普段の生活の中で何度も目にしてもらえて宣伝効果を期待できるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *