ビジネスに効果的なノベルティ

ノベルティは、本来の意味では目新しいものや斬新さといったことを示しています。

しかし現在では、ビジネス用語として様々な企業が自分の会社や販売する商品を広めるために、その名称を付けて無料で配る記念品という意味で使われています。ノベルティで広告を出すことは、スペシャリティ広告または特殊広告とも呼ばれ、景品とは違った意味を指します。また、低コストで販売される廉価品のような意味で使用されることもあります。記念品は、販売する商品に携帯ストラップやカレンダー、キーホルダーやおもちゃなどの実用品を付属するかたちで配られることが多いです。付属する実用品には、会社の名前や商品のブランド名などを入れて宣伝効果を期待します。このような販売形態を行うことで、購入者に対して商品や会社をアピールし、より親近感を感じてもらえるといった効果もあります。

ただ、ノベルティを付けることで購入者がよりお得な付属品を求めて商品を購入する傾向が出てくることも避けられなくなります。そうなると、必然的に高価格の商品を購入したり、時には質の劣った商品を購入してしまう可能性も出てきます。このようなことを防ぐために、不当景品類及び不当表示防止法によってノベルティの価格などが決められています。ノベルティは宣伝目的のため、元々の個数も少なく限定品とされているものもあるので、それを目的とした商品開発も進めている企業もあります。さらに、テレビやラジオなどで投稿を採用されたり出演したりした場合のお礼の品として配られることもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *