排熱利用を行うためには

  • アルカリ洗浄液の特性

    • 洗浄剤には一般的に酸性とアルカリ性の二種類があります。


      酸性の洗浄剤は水回りにできる水垢、サビ、尿石などを落とすことができますが、家庭用としてはあまり種類があるわけではありません。

      安心をコンセプトにしたアルカリ洗浄液に関する耳より情報です。

      一方、アルカリ洗浄液は、衣服用の洗剤にも使用されており、私たちの生活の中で発生する身近な汚れを除去してくれるため、家庭用でも様々な種類の洗浄剤が売られています。

      アルカリの特性として、油汚れや皮脂の汚れ、タンパク質の汚れを落とす洗浄力が強いという事が挙げられます。

      キッチンの油汚れや、お風呂、衣服に付着した皮脂汚れなど普通の洗剤ではなかなか落ちにくい汚れも除去してくれます。


      アルカリは油脂汚れの成分である脂肪酸と反応します。

      その反応によって石鹸成分を作り出す事ができるという性質を持っています。
      油脂汚れだった脂肪酸を石鹸に変え、その変えた石鹸との相乗効果により周囲の他の汚れまで落としやすくさせるという仕組みが成り立っています。



      様々な性質の汚れに対し効果的なアルカリ洗浄液ですが、気を付けなければならない点もあります。

      アルカリ成分はアルミニウムを腐食させて表面を溶かしてしまうという性質があります。
      アルミの弁当箱をアルカリ洗浄液を入れた食洗機で洗ったら、表面が白くざらざらして変色してしまった、なんて事も起こります。


      また、アルミ鍋を煮洗いするのも鍋の底に穴を開けてしまうという危険性があります。



      長時間、高温の状態でアルカリ洗浄液にさらすのは避けるようにしましょう。